契約前こそ慎重に

業務委託でトラブルが起こることは、珍しい話ではありません。
むしろ、そういった問題は、日を追うごとに増してきている問題です。
これは、契約時によく確認しなかったことが原因となっているのではないでしょうか。

業務委託でトラブルが起きる問題は、給料形態であったりや、解約にあたってのトラブル、仕事内容の差異などが一般的な問題だと思われます。
口約束でもない限りは、基本的には契約書に書かれている通りの契約が行われたことになります。
契約とは、双方の合意によって行われるものであり、契約書というのはその確認のための書面ということでしかありません。
なので、契約前にそれらの事項をしっかりと吟味して確認することが、業務委託トラブルの解決になることは明白です。

大企業同士の契約などの際には、それぞれが弁護士を立てた上で、双方に不利のない契約が交わされているのかどうかを判断するくらいに、契約前の確認ということは重要視されているのです。
契約を一度結んでしまうと、不利であっても一度はそれに合意したという形が取られてしまうので、違約金などは必ず発生してしまう事項となります。まれに不履行となることもありますが、100件あって1件あれば多いくらいです。

そうならないために引き返せるぎりぎりのラインが、契約前なのです。
契約前の段階でそのようなことを考えるというのは、早過ぎると感じてしまう方も中にはいらっしゃるようですが、ブラック企業などでは契約書の確認もなく、とりあえずサインだけ書いちゃってくださいなどと言って、こちらが不利だと感じる暇を与えずに契約してしまえば勝ちだと思っている人も居るのです。
まったくもってその通りで、契約書にサインをしたということは、その契約に合意したという事になってしまうので、最悪裁判になってしまい長い期間を戦わなければいけなくなってしまうのです。
そうしたくないのであれば、契約前にしっかりと疑問部分を解決していく必要があります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です