信頼関係は大丈夫か

信頼関係というのは、どこにでも必要です。
業務委託でトラブルが発生する大きな要因は、契約時の確認不足と結局は相手との信頼関係に信用の出来ない部分があったために起こってしまっているのです。
信頼関係というのはとても希薄なもので、意識していなければすぐに消えてしまいます。
始めのうちは信頼していたのだけれど…と言った泣き言は、後の祭りになってしまいます。

多くは業務委託後放ったらかしになってしまうというパターンです。
この場合、相手との糸が切れそうになってしまいますので、しっかりと繋ぎ止めるために打ち合わせなどでその相手と話すということをしなければなりません。
なにも重い話をすることはなく、現状や世間のこと。わからないことがあればその時に相談する。
この時、カフェでやると信頼というのは深まりづらいです。
居酒屋などで、リラックスした状態で相手と接するようにしましょう。
大きな信頼関係があれば、トラブルになることも少ないですし、もしもトラブルになったとしても、内々に処理をすることが可能となります。
もっとも、これは始めから少しの信頼があった場合に限られます。

もしも、契約時に信用ができないという場合は、その契約は見送ったほうが無難です。
そうしなければ、大きなトラブルへと発展してしまう可能性があるからです。
業務委託は、アルバイトや社員契約とはまた違った契約になってくるので、担当者や企業と綿密に打ち合わせをした上で信頼関係を築いていくことが、トラブルを起こさないための予防線となるのです。

トラブルは起こってしまってからでは遅いのです。
もしも、トラブルが起こってしまっている状態で対策法を探されている方がいらっしゃいましたら、早めに弁護士などの専門家を間に挟むことをオススメします。
素人がやるよりも、素早く事態を収めてくれるでしょう。
トラブルは起こす前に、その芽を摘んでおくことが一番の対策法です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です